So-net無料ブログ作成

祇園枝垂桜 [kazeの風景]

2012年3月17日(土)

朝5度、雨。
雨が一日降り続けたが、朝の気温は今年になって一番の暖かい日であった。

IMG_4666.JPG

Kazeの庭では、霧が一日中発生していた。
なにやら、幻想的な風景である。

IMG_4672.JPG



IMG_4667.JPG

名村さんからいただいた祇園枝垂桜の移植も完了し、
鹿にかじられないように、周りをしっかり網で囲った。

IMG_4671.JPG

早く、大きくなって、花を咲かせて欲しいと思う。
その日が楽しみである。
植木屋さんが「30年もすれば円山公園のような木になりますよ「」という。
「生きとらん!」と僕。
「後を継いだ人が喜びますよ」と気楽なことをいうのだ。

僕は、生きてる間に花を見たいのだ!
西行法師のように、この桜の下で春に死にたいとは思わないが・・・
そうなるかもしれない気がする。
「千住博氏の風景についての言葉がよみがえってくる。

「日本画家の千住博さんがいうように風景には4つのレベルがあるとのこと。
 第1は、行ってみたい風景、
第2のレベルは、行くだけでなく、そこで遊んでみたい風景、
第3のレベルは、住んでみたい風景、
そして、第4は、これが最高のレベルの風景だが、
死ぬ時はここで死にたいと思う風景だそうだ。
 ということは、この第4の風景は、その人の心の風景、
心のふるさと風景ということだろう!」(2004年5月8日の日記より)


nice!(12)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 12

コメント 4

斗夢

霧・・・春になる印なんでしょうね。
by 斗夢 (2012-03-19 21:35) 

☆ササエ☆

雫が綺麗ですね。
30年か。。。確かにササエも死んでるわ(^◇^)
ここで死にたいと思う風景に出合ってみたいものです。
by ☆ササエ☆ (2012-03-20 10:25) 

kazenotomo

斗夢さんへ
春の知らせは、雪深い山里では、すごく嬉しいことです。
by kazenotomo (2012-03-23 12:42) 

kazenotomo

ササエさんへ
ササエさんは、まだ生きてるよ!
ササエさんの究極の風景が見つかると良いね!
by kazenotomo (2012-03-23 12:43) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0