So-net無料ブログ作成

陶芸展「暮らしを彩るAkariと器たち」始まる! [kazeの風景]

2011年11月3日(木)

朝12度、曇り、時々日がさした。
開店前に庭を散歩した。
向かいの民家では庭の柿がなんと鈴なりである。
この秋は、なぜか猿の集団の姿が無い。

IMG_2734.JPG

裏山も紅葉が進み、晩秋の雰囲気が出てきた!

IMG_2737.JPG

朝一のお客さんが、「近くに鹿が死んでたよ」と言うので
一緒に見に行った。

ウエルカムロードの入り口から10mほど南の道路わきに
小鹿の死体が横たわっていた。
きっと夕べぐらいに車にしかれたのだろう。

が、驚くべきことは、なんとその小鹿の後ろ左足に
添え木をし、タオルを巻きつけて、
その上からテープでしっかり止めてあるのだ。

何度か、交通事故になった鹿を見たけど、
このようなことははじめて見た。

想像するに、この小鹿をはねた運転手が、手当てをしたのであろう。
その姿を想像するといじらしい気持ちがわいてきた。
とんでもないことをしたと思って、必死で暗い中、木を探し
小鹿の手当てに精出したに違いないのだ。
その甲斐も無く、小鹿は息絶えてしまったのだ。

鹿をしいても、そのまま、走り去る車が多い中、
小鹿をしいた運転手さんは、必死で手当てをした!
その心がいじらしいのだ。

駐在さんに連絡しなくちゃと思っていたが、来客の対応に忙しくて
午後、もう一度、現場に行ったら、もう死骸は無かった。

ところで、
今日から三武真里子さんの陶芸展「暮らしを彩るAkariと器たち」が
始まった。
陶芸展を知らずに来た人も「ラッキー!」と数点買っていかれた。

IMG_2760.JPG

IMG_2758.JPG

IMG_2757.JPG

IMG_2739.JPG

IMG_2742.JPG


IMG_2743.JPG

IMG_2740.JPG

IMG_2763.JPG

IMG_2764.JPG

IMG_2765.JPG

IMG_2779.JPG

5時過ぎ、来店者を見送りに庭に出ると、夕焼けが始まっていた。

IMG_2748.JPG

夕暮れのkazeも素敵だなあと自画自賛!

IMG_2754.JPG

IMG_2753.JPG

IMG_2750.JPG

心休まるひと時である。

 


nice!(25)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 25

コメント 6

名犬ゴン太・・・の兄

夕暮れのkaze、本当に綺麗だと思いますよ。
店内の灯りが、人の温かみを伝えてくれそうな感じです。

三武真里子さんの器、素敵です。
こんな器に、和食が盛られていたら、それだけで美味しさが3割アップしそうですね^^;
by 名犬ゴン太・・・の兄 (2011-11-04 00:56) 

斗夢

素敵な灯りは心のなかまで明るくしてくれます。
by 斗夢 (2011-11-04 05:54) 

kazenotomo

名犬ゴン太・・・の兄さんへ
ありがとう!
三武さんの作品展は、今回で5回目に
なるんですが、毎回すごい好評で
展示期間が過ぎても、問い合わせや注文が
何件も寄せられます。
灯りは、心を温めてくれますよね。
特に山間の一軒家の場合、そんな感じがします。

by kazenotomo (2011-11-04 11:40) 

kazenotomo

斗夢さんへ
斗夢さんのおっしゃるとおりです。
灯りは、そんな面を持っていますね。

by kazenotomo (2011-11-04 11:41) 

COLE

陶芸は秋の山の色合いが似合いますね

先般貴兄の紹介されていたビル・トッテンさんの本を読みました
目から鱗の落ちる思いで一気に読んでしまいました
考えることたくさんあります

by COLE (2011-11-05 10:59) 

kazenotomo

COLEさんへ
あの本読んでくださったのですね。
うれしい!
僕も目から鱗でしたよ!
by kazenotomo (2011-11-09 00:57) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0