So-net無料ブログ作成

送り火 [kazeの風景]

2009年8月16日(日)

朝23度、晴れ。
8時ごろから、集落の人たちが、向かいの河原に集まり、送り火を焚いている。
僕は、九州生まれだけど、生家では送り火は夕方する習慣だったので、
少し、奇異な感じがする。

しかも、それを河原でみんなでする習慣は、僕の生まれた土地にはない。
それぞれが、それぞれの家の門で松ノ木を燃やして送り火をたくのだ。
それから、家族全員で墓地に出かけて、お参りをするのだ。
土地が変われば、習慣も変わるんだなあと、つくづく思う。

で、僕らは、生まれた土地の習慣に従って、夜、ポロのお墓の前で
送り火を焚いた。

090816poro1.JPG

090816poro2.JPG

もう、ポロが逝ってから2度目のお盆である。
立ち昇る煙を追って、夜空を見上げると、今日も満天の星がきらめいていて、
煙の向こうの星達は、一層きらめき、まばたく。
ポロの姿、体のぬくもり、毛並みの感触が、今でもリアルに身についていいる。
まるで、ついさっき、ポロと一緒に遊んだばかりのように!

「千の風」は、「私のお墓の前で泣かないでください。私はそこにいません。
眠ってもいません。千の風になって 吹いています。」というけど
僕のポロは、ここに眠っている。間違いなく僕らが埋葬したのだ!
だから、墓前に花をそえ、灯明を付け、供え物をする。
そして、今でも、このkazeの庭にて、僕らを見守っている。
僕の体がそう答える。
人が生まれ育った故郷を懐かしむように、ポロも最後に生きたこのkazeを
懐かしんでいるに違いないと思う。


 


nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 4

斗夢

子供のころ、生家では記憶では15,16,17日の三晩、門口で送り火を焚きました。
焚くものは麦わらでした。いまどうしているか分かりません。
by 斗夢 (2009-08-19 16:31) 

路渡カッパ

ポロちゃん、一緒の時期はわずかでしたが
心の奥深く生きてるんですね。
私は送り火と言えば大文字しか思い浮かばない(^_^ゞ
by 路渡カッパ (2009-08-19 22:31) 

kazenotomo

カッパさんへ
京都生まれの人は送り火といえば大文字なんでしょうね。
僕のように田舎の寺育ちは、送り火といえば、お盆の行事です。
ポロのことは、本当に心に焼き付いてしまっています。
by kazenotomo (2009-08-19 22:55) 

kazenotomo

斗夢さんへ
松ノ木ではなく、麦わらですか。
そういう地域もあるんですね。それも3日間も・・・・・
麦わらも、今では手に入りにくくなっているのではないでしょうか?
麦を作る人が激減してますので。
by kazenotomo (2009-08-19 22:59) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0