So-net無料ブログ作成
kazeの本棚 ブログトップ

kazeの本棚ー5 [kazeの本棚]

2011年9月8日(木)

kazeの本棚紹介 第5回

(1)プリンス・エドワード島 -七つの物語ー
   吉村和敏著 講談社

prince1.JPG

prince2.JPG
              (フレンチ・リバー村)

吉村さんのプリンス・エドワード島の写真集です。
プリンス・エドワード島といえば、「赤毛のアン」の舞台になった島で
東部カナダにあります。
アンに「世界で一番美しい島」といわせたほどの美しい島です。
私たちも一昨年夫婦でプリンス・エドワード島に出かけてきました。
二人だけの楽しい旅でした。
おかげで一生の思い出になりました。
よろしかったら私たちのたびの記録を見てください。
このブログの兄弟ブログ「風の詩」に掲載してます。



(2)「フランスの美しい村」全踏破の旅
   吉村和敏著 講談社

france1.JPG


france2.JPG

吉村さんの「プリンス・エドワード島」の写真集がよかったので
こちらも購入しました。

「フランスの美しい村」とは
1982年に設立された「フランスの美しい村」協会が
地方の村の保全と活性化を目指して厳密な選定基準をもとに
審査・公認した村です。
2009年には、150村が認定されています。

上記(1)、(2)いずれもkazeの本棚に収納されていて
ご来店の折に見ることができます。

ご訪問ありがとうございました。
この機会に本家であるホームページ「風の友達」にもお立ち寄りください。

 


nice!(48)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

藤沢周平の世界 朝日ビジュアルシリーズ [kazeの本棚]

2008年10月17日(金)

kazeの本棚紹介 第4回

朝日ビジュアルシリーズ
週刊『藤沢周平の世界』

syuuhei1.JPG

発行所:朝日新聞社
全30巻

syuuhei4.JPG

syuuhei2.JPG

syuuhei3.JPG

第1巻、創刊号は、周平氏の代表作「蝉しぐれ」を取り上げている。
これはテレビドラマと映画になったが、僕はテレビドラマの方が好きだ。
内野聖陽と水野真紀のコンビがあたり役だと思う。

周平作品では、僕は”秘剣物”が一番好きだ。
その代表作ともいえる「秘太刀 馬の骨」の秘密は、いまだ定かでない。
数人の友人や顧客の周平フアンと秘太刀の使い手は誰かと
散々議論したが結論は出なかった。
で、読者がそれぞれ自分に納得のいく解釈をする以外にない。

秘剣物の短編では、『隠し剣秋風抄』 に収録されている「盲目剣谺返し」が
一番好きである。
これも、 映画『武士の一分』としての映像化がなされている。

夫婦で周平の本を買いあさって、そろえたが、
朝日新聞社がビジュアルシリーズを発行したのを
周平フアンの方から全巻頂いたので、kazeの本棚に収容した。


nice!(6)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

日本列島花百景-kazeの本棚 [kazeの本棚]

2008年10月8日(水)

本棚紹介第3回目は、「日本列島花百景」です。
これは、大判の本で、写真としても見ごたえがあります。

hana100kei.JPG

お花の好きな方には、大変喜ばれている本です。

日本列島花百景」 
出版社:毎日新聞社
写真:森田敏隆
文:小林純子、高橋秀男
ISBN4-620-60188-8 C0672 P4900E

hana100kei2.JPG

hana100kei3.JPG

hana100kei4.JPG

hana100kei5.JPG

hana100kei6.JPG

暖かいコーヒーを飲みながら、眺めていると、座りながら
日本列島の花旅をした気分になります。


nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

フランスのカントリーサイド [kazeの本棚]

2008年9月25日(木)

kazeの本棚第2回目「フランスのカントリーサイド」

huransu1.JPG

著者:増田 正(ますだ ただし)さん
出版社:集英社
ISBN4-08-532051-3 C0072

この本は、著者から直接に買った本でサイン入りの本である。
著者は、他に英国、スペイン、北欧のカントリーサイドの写真集も出しておられる。
ヨーロッパをわが庭のように歩きまわっておられるようである。
僕らにとっては、うらやましくさえ思う。
それぞれの地方のカフェやレストラン、町並み、民家、お城など素敵な写真を
眺めていると、自分もそこに居るような錯覚におちいる。

huransu3.JPG

上記はアキテーヌ地方のモンティニャックの風景である。

huransu2.JPG

上記写真は、日本人なら誰でも知ってるブロヴァンス地方のアルル。
アルルといえばゴッホを思い出す人が多いと思う。
左の真ん中の写真は、ゴッホが描いたアルルの「跳ね橋」
右は作家ドーテが「風車小屋だより」の連作を執筆した風車小屋。

僕らのkazeも「kazeのたより」を執筆したkazeなんてことで写真になることは
まずないなあ~~~!!



nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ターシャ・チューダーのガーデン [kazeの本棚]

2008年9月18日(木)

Kazeには、本棚があります。職人さんが手作りの作品でもある。
開店時に京都の山川家具店で大枚をはたいて買った。
この本棚を作成した人は、写真家でもある。
で、ついでにと言っては失礼だけど写真も一枚買った。

その写真も今、kazeにある。
バルチスターン(パキスタン南部)地方の山岳民族の貧しい衣服をまとった
子供の写真である。
僕はこの写真を一目見て買う気になった。
きれいな目の少年である。

話は戻るが、その本棚にあるのは、単行本は、kazeのために購入したものではない。
個人の趣味で買っていた物をkazeにふさわしいものを勝手に選んで
並べただけなのである。

同じ趣味をお持ちの方が、愛読していただければうれしいと思っている。
と言うのも、僕らがカフェ&ギャラリーKazeを始めたのも、生活の糧と言うより
心の糧としてであり、kazeが多くの人との出会いの交差点、交流の場となればと
いう思いからである。

だから単に飲食店としてではなく、
交流と出会い、癒しの場としてのお店でありたいと願っています。

前置きは、これぐらいにして今回(初回)する本は、

ターシャ・テューダーのガーデン

tasya1.JPG

    出版社:文藝春秋
    ISBN4-16-363490-8 C0076 printed in Japan
    "Tasha Tudor's GARDEN"
    著者:トーヴァ・マーティン 
    訳者:相沢真理子

               目次
    序文 ターシャのガーデン 時を超越したこの世の楽園
    4月まで 春への前奏曲
    5月 ガーデンの目覚め
    6月 一面の花
    7月 デージーの花輪とデルフィニュム
    8月 ユリとベリーを楽しむ
    9月とその後 収穫のとき
    訳者あとがき

「ターシャ・チューダーはアメリカでもっとも人気のあるさし絵画家のひとりだ。
柔らかな色合いのその繊細な絵は、何十年にもわたって人々を魅了してきた。
彼女がニューイングランドの田舎で自給自足に近い生活を送りながら、
その広大な敷地に美しいガーデンをつくっていることはよく知られている。」
                            (訳者あとがきより)

ガーデンは、なんと250エーカーもあるのだ。
250エーカーを坪に換算すると約306,580坪になる。
わがkazeが900坪弱なので、いかに広いかがわかる。
そこでターシャは、ランプの生活をしているのである。
ロウソクも手作りなのだから驚きである。
僕らがあこがれる生活のスタイルである。

tasya3.JPG

tasya4.JPG

tasya5.JPG

tasya6.JPG


nice!(12)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
kazeの本棚 ブログトップ