So-net無料ブログ作成
検索選択

映画「ジミー・野を駆ける伝説」 [生活]

2015年1月23日(金)晴れ

昨日、友人が来宅して、素敵な映画が来ているというので、
急遽、友人を誘って映画館に出かけた。
3人で着席しているところに、なんと別の友人が偶然隣に席にやってきた。
まさに奇遇である。
彼女も直前に、僕らに電話してお誘いしたというのだ。
で、携帯を見てみると、ちゃんと入っていた。
こんな偶然もあるのだと、ひとしきり感心。

映画は「ジミー、野を駆ける伝説」である。

img128.jpg

この映画の主役ジミー・グラルトンは、アイルランドで唯一、裁判も開かれずに国外追放の身となった実在の人物。
1886年にリートリム州に生まれる。
1933年にアメリカニューヨークに送還された後は、二度と故郷の地を踏むことなく、
1945年に死去。現在はブロンクス墓地に眠る。
彼は、誰もが知る歴史上の偉人ではなく、むしろそのプロフィールさえも記録に残されていない。
ただ、市井の人々の胸に刻まれた"名もなき英雄"であるとのこと。

悲劇的な内戦後のアイルランドで母親と平穏な生活を望んだジミーが、
貧しい近隣の人々の要望に応えようとしたが、時の権力者や境界の利権に反する行為だとして、
一方的に弾圧され、国外追放にされてしまう。
いつの時代でも、時の支配者・権力者によって、自分たちの利権を守るため、
まっとうなことが罪とされ、過酷な目に遭う。

img129.jpg

映画監督の山田洋次さんは、この映画を
「自由と人権の尊さを真正面から描いた。流石は、ケン・ローチ!」
と賞賛している。

どんなにひどい社会でも、それを打ち破ろうとする立ち上がる人たちがいることは、
私たちに希望を与えてくれる。


こういう人たちを大事にしたいものである。


nice!(26)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 26

コメント 4

名犬ゴン太の兄

素敵な偶然ってあるものですね^^
お互いに、とっても趣味が合うんでしょうね。
いいお友達です♪
by 名犬ゴン太の兄 (2015-01-29 05:24) 

kazenotomo

名犬ゴン太の兄さんへ
時のいたずらのような気がしてます。
有り難うです。
by kazenotomo (2015-02-13 17:18) 

路渡カッパ

良い映画のようですね♪
それにしても、偶然って面白いものですね。(^_^ゞ
by 路渡カッパ (2015-02-14 01:09) 

kazenotomo

路渡カッパさんへ
出会った彼女が言うことには、
「映画に一緒にさそおうと思って家に電話したら留守だったので
あきらめて一人で映画館に来た。」ら僕らが居たというわけで
おまけに同じ時間の映画館でしかも席までとなりだったんだって!
以心伝心って言葉かがるけど、あまりのもすべてがぴったりで
本当にびっくりで笑えてきます。

by kazenotomo (2015-02-15 00:02) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0