So-net無料ブログ作成
検索選択

説明しにくい理由?! [kazeの風景]

2009年5月2日(土)

朝12度、快晴。
雲ひとつないいい天気だ。
今日から、ギャラリーは山瀬教室の皆さんのトールペイント展だ。

IMG_8408.JPG

IMG_8413.JPG

昨日、夕方kazeに来たら、山瀬さんが先に来ていて「お待たせ!」だった。
玄関には加藤さんが段ボール箱に数種類のお花を届けてくれていた。
加藤さんは、以前、クリンソウの種を頂いた来店者である。
お花が大好きな方らしく、丁寧な手紙が添えられていた。
ありがとうございます。
妻が早速、庭に移植した。

そのクリンソウが、今では綺麗な花を咲かせている。

0905kurinsou.JPG

一輪咲いたチュウリップも今日の天気に誘われて、元気だ。

0905tyurippu.JPG

玄関にkyoutoの家の庭から持ってきたロウバイの枝を壷に生ける。
ロウバイは、花の時期は終わって、大きな実をつけている。

0905roubainomi.JPG

川向かいの八重桜が、kazeに吹かれて花を散を散らし春の終わりを告げていた。

0905hanahubuki.JPG

わがkazeも新緑に囲まれて、輝いて見える。

09502kaze2.JPG

09502kaze.JPG

大東さんご夫妻も久しぶりに来店。退院祝いにとCDを頂いた。

5歳の女の子とそのお母さんが来店。
テラスのテーブルに着いた。
その女の子が、カウンターにやって来て、
中を覗きこむように背伸びして妻に言った。
「さっき手を拭いたタオルを貰って帰っていい?」
「お絞りのことでしょう。あれはお店のものなので普通はあげないのよ。
なにか理由があるの?」と妻。
「・・・・・・・・」
女の子は考え込んでいる。
「なにか理由があるんでしょう。どうして?」
「・・・・・・・・・」
女の子は、更にしばらく考え込んでいたが母親の元に返っていった。
で、妻がついて行って、その子の母親に尋ねると
「この子は、匂いや布の感触に敏感で、気に入ったものを大事にしてるんです。
このお絞りが好きになったんでしょう」と母親が言う。
妻は、お絞りを指差して「これ、好き?」と聞くと女の子はうれしそうな顔をして
「うん!」といった。
で、そのお絞りを、女の子に進呈することにした。
帰り際に年を聞くと片手を広げてみせた。
名前を聞くと「美月(みずき)」だそうだ。
かわいい女の子である。
僕らも、なにかよいことをしたような気分になった。

実は僕らの娘も似たようなところがあって、毛布が好きである。
それも、小さいときから使っている毛布なのだ。
妻が汚れているからと洗たくしたら、娘はえらく
怒っていた。
汚れたままの毛布が良いというのである。
イギリス留学するときも、それをもって行ったし、
嫁入り道具の一つにもなった。
その毛布で寝ると心が休まるというのである。
で、僕らは、その毛布を「娘の安心毛布」と呼んでいる。
そういう僕もぬいぐるみが好きで、いつも娘からからかわれているのだ。
まあ、親譲りかな?


 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2